富山地方鉄道 14710系 *17F① モハ14710形 14717

撮影場所:

14710形は1967~68年に、名鉄3800系電車を譲受けたものです。名鉄3800系は地鉄14750形と同じく運輸省規格形電車で、同要項「A'形(車体長17,000 mm・車体幅2,700 mm)」に基いて新製されています。さらに電装品も、ともに東洋電機製造製を採用しており、両形式の互換性は高いものとなっています。ただギア比などで、より高速運転対応となっていた14710形は、1973年の特急列車増発により一部改装され、クロスシート車となりました。(13・15~17Fが対象)その後、台車をD18からNA-35へ換装したほか、ブレーキシステムも共通化が図られましたが、冷房化改造の対象とはならず17Fが1991年に除籍されて以降、淘汰が進み、1993年に全廃となりました。