樽見鉄道_ハイモ180-100形 180-201

撮影場所:本巣

ハイモ180-200形とハイモ180-100形は樽見鉄道発足時(1984年)の車両です。100形がクロスシート車であるのに対し、200形)はロングシート車です。
富士重工業 LE-CarIIでバスを基本とした車体の全長は12.5m、台車は1軸台車(FU30D/T)です。バス用直噴式 日産ディーゼルPE6H(180PS)を搭載します。
201は1999年に202は2006年に廃車となりました。