三岐鉄道 801系は、もと西武701系です。(63~67年に4連×48=192両)西武初のカルダン車である601系からデザインは大きく変化しましたが、主要機器の仕様は601系を踏襲し、ブレーキも発電制動を持たない自動空気ブレーキです。また制御車の台車については601系と同じく国鉄台車を改造したTR11Aを採用するなど、経済性ならびに。従来車との併結を考慮した「高性能車」でした。1975年には冷房化と併せて、ブレーキのHSC化がなされ面目を一新しました。三岐鉄道にやってきたのは、801Fが89年(←779F)、803Fが92年(←771F)、805Fが97年(←7789F)です。3連化しTcの台車はFS342に換装されました。 851F(95年(←701-89F))は、台車を101系から捻出したFS372に換装した系列です。なおクモハはもとモハですべて クハ1701形から運転台を移設したものです。