js3vxw.cocolog-nifty.com > L1 流鉄(5000系 3000系 2000系)

流鉄は、流山駅と常磐線馬橋駅を結ぶ5.7kmの単線鉄道です。 JR常磐線との接続駅である馬橋では、最大15連の快速が複々線を疾走しているわけですから、実に対照的です。 1916年に流山軽便鉄道が開業しました。軽便の名の通り軌間は762mmでした。 のち流山鉄道に改称、1924年には軌間も1067mmに改められました。 1949年電化(1500v)され流山電気鉄道→流山電鉄→総武流山電鉄と名前を変え、現在は「流鉄」(2008年改称)となっています。ここでは2008年以降、すなわち流鉄時代の画像を集めています。 車両は1994年以降、西武からの譲渡車で統一されています。

*流鉄 2000系 2連「なの花 2代目」 元西武701系 1994~2013年 撮影2010年3月

*流鉄 2000系 2連「なの花 2代目」 元西武701系 1994~2013年 撮影2010年3月

2000形は元西武701系・801系。
1994年に導入されました。
2009年に3両編成の「明星」・「流馬」(2代目)、
2012年に2両編成の「青空」、
2013年に2両編成の「なの花」(2代目)
が、それぞれ運用を終了しています。


*流鉄 2000系 3連「明星」 元西武701系 1994~2009年 撮影2008年12月

*流鉄 2000系 3連「明星」 元西武701系 1994~2009年 撮影2008年12月

2000形は元西武701系・801系。
1994年に導入されました。
2009年に3両編成の「明星」・「流馬」(2代目)、
2012年に2両編成の「青空」、
2013年に2両編成の「なの花」(2代目)
が、それぞれ運用を終了しています。


*流鉄 3000系 3連「流星 2代目」 元西武 101系 1999年~2010年 撮影2008年12月

*流鉄 3000系 3連「流星 2代目」 元西武 101系 1999年~2010年 撮影2008年12月

3000形はもと西武旧101系。
1999年譲受し「流星」(2代目)「若葉」(2代目)として活躍しました。
「流星」は2010年8月「若葉」は2011年5月に運用を終了しました。
クモハ3001-モハ3101-クハ31(「流星」) - 元モハ136-モハ135-クハ1135。
クモハ3002-モハ3102-クハ32(「若葉」) - 元モハ132-モハ131-クハ1131。
ともに1970年西武所沢車両工場製。


*流鉄 5000系 2連01F「流馬 3代目」 元西武 新101系 2010年~ 撮影2010年3月

*流鉄 5000系 2連01F「流馬 3代目」 元西武 新101系 2010年~ 撮影2010年3月

5000系は クモハ5000形-クモハ5100形の2両編成。
2009年に、すなわち流鉄となってから譲渡された元西武 新101系です。
2010年1月20日より「流馬」(3代目)
2011年3月11日より「流星」(3代目)
2012年3月14日より「あかぎ」(2代目)
2012年12月3日より「若葉」(3代目)、
2013年12月6日より「なの花」(3代目)が、それぞれ営業を開始しました。


*流鉄 5000系 2連02F「流星 3代目」 元西武 新101系 2011年~ 撮影2012年8月

*流鉄 5000系 2連02F「流星 3代目」 元西武 新101系 2011年~ 撮影2012年8月

5000系は クモハ5000形-クモハ5100形の2両編成。
2009年に、すなわち流鉄となってから譲渡された元西武 新101系です。
2010年1月20日より「流馬」(3代目)
2011年3月11日より「流星」(3代目)
2012年3月14日より「あかぎ」(2代目)
2012年12月3日より「若葉」(3代目)、
2013年12月6日より「なの花」(3代目)が、それぞれ営業を開始しました。


*流鉄 5000系 2連03F「あかぎ 2代目」 元西武 新101系 2012年~ 撮影2014年3月

*流鉄 5000系 2連03F「あかぎ 2代目」 元西武 新101系 2012年~ 撮影2014年3月

5000系は クモハ5000形-クモハ5100形の2両編成。
2009年に、すなわち流鉄となってから譲渡された元西武 新101系です。
2010年1月20日より「流馬」(3代目)
2011年3月11日より「流星」(3代目)
2012年3月14日より「あかぎ」(2代目)
2012年12月3日より「若葉」(3代目)、
2013年12月6日より「なの花」(3代目)が、それぞれ営業を開始しました。


*流鉄 5000系 2連05F「なの花 3代目」 元西武 新101系 2012年~ 撮影2014年3月

*流鉄 5000系 2連05F「なの花 3代目」 元西武 新101系 2012年~ 撮影2014年3月

5000系は クモハ5000形-クモハ5100形の2両編成。
2009年に、すなわち流鉄となってから譲渡された元西武 新101系です。
2010年1月20日より「流馬」(3代目)
2011年3月11日より「流星」(3代目)
2012年3月14日より「あかぎ」(2代目)
2012年12月3日より「若葉」(3代目)、
2013年12月6日より「なの花」(3代目)が、それぞれ営業を開始しました。


流鉄 2000系「なの花 2代目」編成① クモハ2000形 クモハ2006

流鉄 2000系「なの花 2代目」編成① クモハ2000形 クモハ2006

流鉄←総武流山鉄道 2000形 2両編成 編成表
←流山    馬橋→
クモハ2005-クモハ2006(「なの花」2代目)
元西武701系 モハ757・758。1966年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2009年版


流鉄 2000系「なの花 2代目」編成② クモハ2000形 クモハ2005

流鉄 2000系「なの花 2代目」編成② クモハ2000形 クモハ2005

流鉄←総武流山鉄道 2000形 2両編成 編成表
←流山    馬橋→
クモハ2005-クモハ2006(「なの花」2代目)
元西武701系 モハ757・758。1966年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2009年版


流鉄 2000系「明星」編成① クハ20形 クハ21

流鉄 2000系「明星」編成① クハ20形 クハ21

流鉄←総武流山鉄道 2000形 3両編成 編成表
←流山    馬橋→
クモハ2003-モハ2101-クハ21(「明星」)
元西武701系 モハ745-モハ746-クハ1746。1965年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2009年版


流鉄 2000系「明星」編成② クハ2100形 モハ2101

流鉄 2000系「明星」編成② クハ2100形 モハ2101

流鉄←総武流山鉄道 2000形 3両編成 編成表
←流山    馬橋→
クモハ2003-モハ2101-クハ21(「明星」)
元西武701系 モハ745-モハ746-クハ1746。1965年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2009年版


流鉄 2000系「明星」編成③ クモハ2000形 クモハ2003

流鉄 2000系「明星」編成③ クモハ2000形 クモハ2003

流鉄←総武流山鉄道 2000形 3両編成 編成表
←流山    馬橋→
クモハ2003-モハ2101-クハ21(「明星」)
元西武701系 モハ745-モハ746-クハ1746。1965年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2009年版


流鉄 3000系「若葉 2代目」編成① クハ30形 クハ32

流鉄 3000系「若葉 2代目」編成① クハ30形 クハ32

流鉄←総武流山電鉄 3000形 3両編成 編成表
←馬橋    流山→
(クハ30形_モハ3100形_クモハ3000形)
クモハ3002-モハ3102-クハ32(「若葉」) - 元モハ132-モハ131-クハ1131。
1970年西武所沢車両工場製。
参考:私鉄車両編成表2009年版


流鉄 3000系「若葉 2代目」編成② モハ3100形 モハ3100

流鉄 3000系「若葉 2代目」編成② モハ3100形 モハ3100

流鉄←総武流山電鉄 3000形 3両編成 編成表
←馬橋    流山→
(クハ30形_モハ3100形_クモハ3000形)
クモハ3002-モハ3102-クハ32(「若葉」) - 元モハ132-モハ131-クハ1131。
1970年西武所沢車両工場製。
参考:私鉄車両編成表2009年版


流鉄 3000系「若葉 2代目」編成③ クモハ3000形 クモハ3002

流鉄 3000系「若葉 2代目」編成③ クモハ3000形 クモハ3002

流鉄←総武流山電鉄 3000形 3両編成 編成表
←馬橋    流山→
(クハ30形_モハ3100形_クモハ3000形)
クモハ3002-モハ3102-クハ32(「若葉」) - 元モハ132-モハ131-クハ1131。
1970年西武所沢車両工場製。
参考:私鉄車両編成表2009年版


流鉄 5000系「あかぎ2代目」編成① クモハ5000形 クモハ5003

流鉄 5000系「あかぎ2代目」編成① クモハ5000形 クモハ5003

流鉄 5000形 2両編成 編成表 元西武 新101系
←馬橋    流山→
クモハ5003-クモハ5103(「あかぎ2代目」) - 元クモハ277-クモハ278。
1982年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2015年版


流鉄 5000系「あかぎ2代目」編成② クモハ5100形 クモハ5103

流鉄 5000系「あかぎ2代目」編成② クモハ5100形 クモハ5103

流鉄 5000形 2両編成 編成表 元西武 新101系
←馬橋    流山→
クモハ5003-クモハ5103(「あかぎ2代目」) - 元クモハ277-クモハ278。
1982年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2015年版


流鉄 5000系「なの花 3代目」編成① クモハ5000形 クモハ5005

流鉄 5000系「なの花 3代目」編成① クモハ5000形 クモハ5005

流鉄 5000形 2両編成 編成表 元西武 新101系
←馬橋    流山→
クモハ5005-クモハ5105(「なの花3代目」) - 元クモハ271-クモハ272。
1982年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2015年版


流鉄 5000系「なの花 3代目」編成② クモハ5100形 クモハ5105

流鉄 5000系「なの花 3代目」編成② クモハ5100形 クモハ5105

流鉄 5000形 2両編成 編成表 元西武 新101系
←馬橋    流山→
クモハ5005-クモハ5105(「なの花3代目」) - 元クモハ271-クモハ272。
1982年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2015年版


流鉄 5000系「流星3代目」編成① クモハ5000形 クモハ5002

流鉄 5000系「流星3代目」編成① クモハ5000形 クモハ5002

流鉄 5000形 2両編成 編成表 元西武 新101系
←馬橋    流山→
クモハ5002-クモハ5102(「流星3代目」) - 元クモハ275-クモハ276。
1982年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2011年版


流鉄 5000系「流星3代目」編成② クモハ5100形 クモハ5102

流鉄 5000系「流星3代目」編成② クモハ5100形 クモハ5102

流鉄 5000形 2両編成 編成表 元西武 新101系
←馬橋    流山→
クモハ5002-クモハ5102(「流星3代目」) - 元クモハ275-クモハ276。
1982年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2011年版


流鉄 5000系「流馬3代目」編成① クモハ5000形 クモハ5001

流鉄 5000系「流馬3代目」編成① クモハ5000形 クモハ5001

流鉄 5000形 2両編成 編成表 元西武 新101系
←馬橋    流山→
クモハ5001-クモハ5101(「流馬3代目」) - 元クモハ273-クモハ274。
1982年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2011年版


流鉄 5000系「流馬3代目」編成② クモハ5100形 クモハ5101

流鉄 5000系「流馬3代目」編成② クモハ5100形 クモハ5101

流鉄 5000形 2両編成 編成表 元西武 新101系
←馬橋    流山→
クモハ5001-クモハ5101(「流馬3代目」)
- 元クモハ273-クモハ274。
1982年西武所沢製。
参考:私鉄車両編成表2011年版