最後(1984年)の増備車となる3043・3543(アルミ)・3097・3597(ステンレス)で、
御堂筋線から中央線の転属に際し余剰となった中間車を先頭車改造したもの