大井川鉄道_井川線 スロニ200形 スロニ202 日車製

撮影場所:千頭

スロニ200形 (201.202)
1961年に日本車輌製造でcトキ200形(224.225)の足回りを流用して造られました。大井川鉄道に井川線が移管されてから初の新型車です。
全長11m・自重10t・車体幅1,84mの荷物室付き客車です。
定員は42名(座席28)。荷物室はステンレスの外板で座席は設置されておらず展望デッキとして使用されたこともあったそうです。
S37.7 日車製 Cトキ225を改造