cシキ300形(301.302)
2軸ボギー低床式大物車。井川ダム建設時、発電機や変圧器などの大型機材を輸送するため、1954年に中部電力専用線(井川線の前身)が飯野産業で2両製造したものです。
全長11m・自重11t・車体幅1,700mm。荷重25tで国鉄でいえば"ホ"級の荷重に相当します。
小型ではありますが、その姿は国鉄の低床式大物車「シキ」を彷彿させます。1972年10月に302が廃車されましたが、301は土砂崩れなどの復旧工事に必要な重機を運搬するため在籍しています。