大井川鐵道 21000系*03F もと南海21000系 ズームカー

撮影場所:新金谷

大井川鉄道21000系
1958年に南海高野線の急行用として製造された“ズームカー”。
高野山への急勾配を登り、河内平野を時速110キロで走行するという高性能がその名の由来です。1997年に引退しました。
大井川鐵道へは、2両編成×2(21001+21002, 21003+21004)が移籍しましたが、01Fは2017年3月以来休車となっています。
03Fは普通電車の主力として活躍中です。
ワンマン改造以外は外観はほぼ南海時代のままです。撮影:2007年8月