*水島臨海鉄道 キハ30形 キハ30-98

撮影場所:倉敷貨物ターミナル

キハ30形は国鉄キハ35系のうち両運転台・トイレなしタイプ。
DMH17Hエンジンと液体変速機を組み合わせた点は、キハ58系と同じですが、
両開き外吊りドアを片側3か所に設け、座席はすべてロングシートとした通勤輸送仕立てであることが特徴です。
0番台(1-100:1962~1966)は暖地向け。
500番台(501-506:1964)は寒冷地向け、ベンチレーターに違いがあります。
2012年に久留里線から水島臨海鉄道にやってきたのはキハ30-98と100
うち100のみがデビューしましたが、98は運用にはついていません。