松本電気鉄道 ED30形ED301
1960年8月に松本電気鉄道に譲渡された西武鉄道A1。そのルーツは信濃鉄道ED223でウェスチングハウス製(機械・車体はボールドウィン製)の舶来電機です。
当初1200V機でしたが国有化され1500V機に、以後→600V(岳南貸出時)→1,500V(西武)→750V(松電)→1500Vと使用電圧を変えてきた珍車です。
構内入換、工事、除雪用として使用されてきましたが、2005年9月に除籍され、現在は静態保存されています。