京都市電保存車 広軌1形 29

撮影場所:梅小路公園

京都市では1895年より京都電気鉄道が路面電車の運転を開始していました。
これは狭軌の路線でしたが、1912年に開業した京都市営の電気軌道事業は標準軌を採用しました。1918年、京都市は京都電気鉄道を買収、以降、元京都電気鉄道の車両を狭軌1形、京都市電生え抜きの車両を広軌1形としました。広軌1形は1912年の開業時に40両、そして1921年までに171両増備されたグループです。スタイルは当初オープンデッキ型で、中央にダブルポールを設置していました。1938年に長崎電気軌道へ5両、大連市電へ10両が譲渡され、1940年には廃車が始まりました。1952年に全廃。