京都市交通局(京都市電) 2000形 2005

撮影場所:

京都市電初のワンマンカーとなる2000形は、1964年に2両,65年に4両が竣工しました。ワンマン運転のみならず連結運転も出来るように設計されたもので,朝ラッシュ時に連結運転が実施されました。また昼間にはワンマンカーとして運行され大活躍したのですが、2000形は、複雑な機能を盛り込んだが故、整備に手数がかかり,1977年の河原町・七条線廃止時に全車廃車されました。
しかし2002~2006号車は、伊予鉄道2000形として2014年現在も運行中です。