京都市電保存車 1600形 1605

撮影場所:梅小路公園

1600形 1605は1966年に600型をワンマン改造したもの,1968年までにの63両が竣工しました。600形は、昭和12年製の低床ボギー車で同年601~620号が竣工しました。
前照灯の上部取り付けた流線型の車体は後の1000形800形700形の原型となった車両です。
なおワンマン改造の際、+1000番台とし1600形となりました。1972年の1635号を最初に順次廃車され,1976年3月の今出川・丸太町・白川線廃止と同時に51両全車が廃車されました。