*熊本電気鉄道_501系 モハ501形 501__

撮影場所:藤崎宮

モハ501形は、1961年 静岡鉄道長沼工場製。17m級の3ドア 車。ツリカケ駆動ではありますが、測窓にアルミサッシを用いた近代的な車体となっています。1966年までに10両が製造されました。熊本へは1976年と1979年に計3編成6両(501~06)が移籍しています。1980年に偶数車を電装解除、1986年にはワンマン化されました。1996~99年にかけ廃車。
モハ601形は、1987年事故により相棒を失ったモハ503を両運転台化したものです。2000年に廃車。