モハ3000形は1973年に登場したもと南海11001系のMc車。20m級2扉クロスシート車で南海本線の特急にも使用されました。 1973~74年に2連×4本(+1:部品取り)の9両が譲渡・改造されました。車体は01~06が非貫通形の湘南形。07・08は前面貫通形です。1M方式の抵抗制御車で、主電動機はTDK822A(75kW)。台車はFS19 中空軸平行カルダン駆動です。1990年にワンマン化、この際、扉を運転台のすぐ後に移設しています。 2001年の事故による運転休止の際、休車となります。 そのまま2002年えちぜん鉄道へ引き継がれましたが、結局使われることなく、2005年までに形式消滅しました。