京福電気鉄道 デオ200形(201~204)
1978年には他車同様パンタグラフ化がされ、
同時にブレーキは他車に合わせSMEに改められています。
叡山電鉄となり、
1987年に203・204がデオ720形721・722へ、
翌1988年に201・202が同形723・724へ主要機器を供出して廃車されました。