JR北海道 ED76形 500番台 ED76-520

ED76 500番台 交流電気機関車
旭川-小樽間の電化開業にあわせ1968~69年に22両(501 - 22)が製造されました。
酷寒地用の耐寒・耐雪対策が強化されており、
暖房用の大容量 SG を搭載することから車体長をストレッチ、
F級機並み(18.4 m)の堂々たる車体です。
貨物列車運用を考慮し重連総括制御も可能となっていますが、
JR北海道に承継されたのみでJR貨物には在籍しません。
(504.06~.08.10.12.14~22の16両、のち514は551に改造))
1994年までに全車が廃車となっています。