キハ40形300番台(キハ40 702・748・773・782 → 301 - 304)
1996年に札沼線(学園都市線)の列車増発のため、エンジンをN-DMF13HZB (330PS/2,000rpm) に換装しパワーアップしたグループです。サービス向上のため冷房装置 (機関直結式N-AU26) を取り付け、汚物処理装置も搭載しました。ラッシュ時対策としてシートが2+1人掛けとされ、客室とデッキ間の仕切りは撤去されています。