国鉄 ソ200形 繰重車 ソ201

撮影場所:

ソ200形は1960年に日立製作所で2両が製造されました。
車端から長さ12.25mのブームを水平に繰り出すことができ、
スパン長 最大22.3mとなる橋桁を一点吊りすることができました。
ブームの伸縮にあたってはバランスが崩れるので、砂利を積み込むことでバランスの変化に対応します。
クレーンの動力は電力です。発電用ディーゼルエンジン(54PS)を搭載しています。
全長26m、自重130tの巨大貨車です。
いや貨車というより、建設機械といった方がいいかもしれません。