js3vxw.cocolog-nifty.com > Ls2 伊勢鉄道 イセ1形 イセ2形 イセ3形

伊勢鉄道は1987年3月に国鉄伊勢線(南四日市-津26.0㎞:1973年開業)を引き継いだ第三セクター方式の鉄道会社です。継承したのは河原田駅と津駅間の22.3㎞。 かつて名古屋方面から南紀・伊勢志摩方面へ行き来するには亀山駅を経由しなければなりませんでした。このため、短絡線として建設されたのが伊勢線です。 よって、JR東海の特急「南紀」快速「みえ」が直通運転しており、ここからの収入がメインとなっています。 第三セクター転換開業時の車両であるイセ1形(1~3)は2004年に消滅し、 2017年現在、イセⅢ形(101~104)計4両が在籍します。

伊勢鉄道 イセⅠ形 1

伊勢鉄道 イセⅠ形 1

イセI形(1・2・3)
1987年3月の伊勢鉄道開業用に新製されたもの。
富士重工業が開発した軽快気動車LE-CarIIシリーズ。
車体長は15.5m
2004年12月で運用を終了、全車が廃車ミャンマーに輸出されました。


伊勢鉄道 イセⅠ形 2

伊勢鉄道 イセⅠ形 2

伊勢鉄道 形式-イセⅠ 1-3 計3両
製造初年(製造所) S62 富士重工
車体(長さ:幅:高さ:重量 形態) 15500 3040 3550 23.5 両運2ドア
定員(座席数) 座席形状 98 48 L
エンジン(出力ps:回転数rpm) PE6HT? 230*1 1900 クーラー IBCU023
台車 FU30D 参考文献 L2K 87.2


伊勢鉄道 イセⅠ形 3_

伊勢鉄道 イセⅠ形 3_

伊勢鉄道 形式-イセⅠ 1-3 計3両
製造初年(製造所) S62 富士重工
車体(長さ:幅:高さ:重量 形態) 15500 3040 3550 23.5 両運2ドア
定員(座席数) 座席形状 98 48 L
エンジン(出力ps:回転数rpm) PE6HT? 230*1 1900 クーラー IBCU023
台車 FU30D 参考文献 L2K 87.2


伊勢鉄道 イセⅡ形 4

伊勢鉄道 イセⅡ形 4

イセII形(4)
1989年に1両のみ増備されました。
富士重工業製LE-CarIIシリーズの軽快気動車。
前面が貫通型となりました。2005年12月に営業運転終了。


伊勢鉄道 イセⅡ形 4

伊勢鉄道 イセⅡ形 4

伊勢鉄道 形式-イセⅡ 4 計1両
製造初年(製造所) H01 富士重工
車体(長さ:幅:高さ:重量 形態) 15500 3040 3550 23.5 両運2ドア
定員(座席数) 座席形状 100 48 L
エンジン(出力ps:回転数rpm) PE6HT? 230*1 1900 クーラー 直結式
台車 FU30D 参考文献 L2K 89.12


伊勢鉄道 イセⅢ形 101 (富士重工業製)

伊勢鉄道 イセⅢ形 101 (富士重工業製)

伊勢鉄道 イセⅢ 101
18000 2800 4030 30.7 両運2ドア 103 52 L
N14R 355*1 2100 直結式
FU56D H15 富士重工 
*富士重工最後のDC


伊勢鉄道 イセⅢ形 104 (新潟トランシス製)

伊勢鉄道 イセⅢ形 104 (新潟トランシス製)

イセIII形(101・102~104)
イセI形、イセII形の置換え用に、富士重工業(101)および新潟トランシス(102 -~104)で製造されました。18m級の軽量ステンレス車(前頭部は鋼製)で、最高運転速度は従来車の80km/hから100km/hへUPしています。
2003年2月営業運転を開始しました。