武生方の121・122-1は、福井鉄道の旧120形(1950年製)で、福井方の121・122-2は、もと名古屋鉄道モ3000形(元三河鉄道301形1929年製)となるモハ150形(1966年転入、南越線用)です。1972年に固定編成を組んだ時、モハ150形は電装解除されたので、ハイフンをつけて区別する必要がありませんでした。ハイフン付きになったのは、1982年にクハ121.122を電装した時です。しかし1997年に、122Fはカルダン駆動化されます。その際、モハ122-2は電装解除されたので、再度ハイフンが外され、改番。モハ122+クハ122となります。