江ノ島電鉄 1000形1000番台 1001

撮影場所:極楽寺

江ノ電1000形1000番台 (1001-1051/1002-1052)
1979年、旧形車ばかりの江ノ電に48年ぶりの新車として登場しました。吊り掛け駆動ですが、ワンハンドル式マスコンを採用し、ブレーキは電気指令式となりました。当初、非冷房でしたが1001Fは1985年に、1002Fは1986年に冷房改造されています。主制御器は東洋電機製造製のAC-M450-778A-M(直列10段、並列8段)。主電動機は東洋製のTDK5610-A、出力は端子電圧300V時50kW。歯車比5.27