叡山電鉄 800系 01F② デオ801形 851

撮影場所:出町柳

デオ800形(801+851/802+852)は1990年10月に登場しました。
叡山電車初の2両固定編成で、主制御器は東洋製ACDF-M353-77E(1C8M方式)を採用しています。台車は住金製FS-544、主電動機はTDK-8750-A(53 kW)
ブレーキは叡山電鉄では初めてとなる電気指令式ブレーキ(HRD-1)が採用されています。