デオ710形 711、712
1987年に登場した叡山電車初の冷房車。
デナ21形の台車(日車製D-15)主電動機(東洋製TDK557出力60 kW))
などを流用し吊り掛け駆動(ギア比3.41)で登場しましたが、
1992年には阪神から譲渡された主電動機(TDK-818-A:60 kW)および新製したFS-551台車に交換、カルダン駆動となりました。   修学院 2005年6月撮影