js3vxw.cocolog-nifty.com > Ls2 明知鉄道 アケチ1形 アケチ6形 アケチ10形

明知鉄道は1985年11月に国鉄明知線(昭和9年開業)を引き継いだ第三セクター方式の鉄道会社です。 中央本線恵那駅と明智駅間の25.1㎞を結びます 第三セクター転換開業時の車両であるアケチ1形(1~5)は1999年に消滅し、 2017年現在、アケチ10形(10~14)を主力にレールバスの生き残りであるアケチ6形(6)の計6両が在籍します。

明知鉄道 アケチ 10形 10 オリジナル塗装

明知鉄道 アケチ 10形 10 オリジナル塗装

アケチ10形 (10-14)
1997~99年に追加された増備車。アケチ1形が富士重工業製のレールバス(LE-Car)なのに対し、アケチ10形は鉄道車両規格のLE-DCシリーズとなっています。
車体は15.5mの普通鋼製で、295psのディーゼルエンジン(PF6HT03)を1基搭載しています。こちらも急勾配に対応し台車を2軸駆動式にしています。
11,12,13がセミクロスシート、10,14がロングシートとなっています。
ロングシート車は、急行「大正ロマン号」の「食堂車」として使用されることもあります。撮影2017年1月


明知鉄道 アケチ 10形 11 広告塗装

明知鉄道 アケチ 10形 11 広告塗装

撮影2017年1月


明知鉄道 アケチ 10形 11 オリジナル塗装

明知鉄道 アケチ 10形 11 オリジナル塗装

撮影2006年4月


明知鉄道 アケチ 10形 12 広告塗装

明知鉄道 アケチ 10形 12 広告塗装

撮影2017年1月


明知鉄道 アケチ1形 4 飯高観音号

明知鉄道 アケチ1形 4 飯高観音号

明知鉄道 形式-アケチ1 1-5 計5両
製造初年(製造所) H01 富士重工
車体(長さ:幅:高さ:重量 形態) 15500:3040:3550 24.2t
両運2ドア 定員110(座席数46) 座席形状 セミクロスシート
エンジン(出力ps:回転数rpm) PE6HT 230*1 1900 クーラー なし
台車 FU34
参考文献 n90 89.4 撮影1991.11


明知鉄道 アケチ1形 5 大正号

明知鉄道 アケチ1形 5 大正号

アケチ1形 (1-5)
1985年の開業時に用意されました。富士重工業のLE-Carシリーズとなるレールバスです。
全長15.5mのセミクロスシート車。冷房はついていません。
急勾配に対応するため、台車を2軸駆動式としたのが特色。
アケチ10形の導入により、1997年から廃車がすすみ、1999年形式消滅しました。
撮影1991.11


明知鉄道 アケチ6形 6 じねんじょ号(ひがし美濃号)

明知鉄道 アケチ6形 6 じねんじょ号(ひがし美濃号)

明知鉄道 形式-アケチ6 6 計1両
製造初年(製造所) H01 富士重工
車体(長さ:幅:高さ:重量 形態) 15500 3040 3550 24.2 両運2ドア
定員(座席数) 座席形状 110 46 sc
エンジン(出力ps:回転数rpm) PE6HT 230*1 1900 クーラー 有り
台車 FU34 改造 導入
参考文献 L2K 89.4 撮影2017年1月


明知鉄道 アケチ6形 6 ひがし美濃号

明知鉄道 アケチ6形 6 ひがし美濃号

アケチ6形 (6)
1989年に追加された増備車。アケチ1形とほぼ同形の富士重工業製のLE-Carですが、ロングシートの冷房車となりました。2017年現在、食堂車として急行列車〈大正ロマン号〉に使用されています。撮影1991.11


明知鉄道 急行 大正ロマン号

明知鉄道 急行 大正ロマン号

撮影2017年1月