« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の記事

2017年2月24日 (金)

JR東日本 485系ジョイフルトレイン「せせらぎ」

「せせらぎ」は12系客車改造の和風客車「やすらぎ」の代替として、485系電車をジョイフルトレインに改造したものです。2001年にデビューしました。

Jre_seseragi_4

2010年1月で営業運転を終了しましたが、「やまなみ」の中間車(MM')ユニットと合体「リゾートやまどり」に改造されています

鉄道車両写真集 JR東日本 485系ジョイフルトレイン「せせらぎ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

JR東日本 485系ジョイフルトレイン「やまなみ」

「やまなみ」は、12系客車改造の和風客車「くつろぎ」の代替として485系電車をジョイフルトレインに改造したものです。1999年デビューしました。

Jre_yamanami0

2010年12月で営業運転を終了しましたが、中間車(MM')ユニットが「せせらぎ」の先頭車と合体「リゾートやまどり」に改造されています。残った先頭車(クロ485-4・クロ484-6)は、「つがる」等で運用されていたモハ485・484-3014と合体。「ジパング」として再改造されました。

鉄道車両写真集 JR東日本485系ジョイフルトレイン「やまなみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

鉄道車両写真集 明知鉄道 アケチ6形

アケチ6形 (6)

Akechi_2017_06

1989年に追加された増備車。
アケチ1形とほぼ同形の富士重工業製のLE-Carですが、
ロングシートの冷房車となりました。

2017年現在、
食堂車として急行列車〈大正ロマン号〉に使用されています。

鉄道車両写真集 明知鉄道 アケチ6形

明知鉄道は1985年11月に国鉄明知線(昭和9年開業)を引き継いだ第三セクター方式の鉄道会社です。 中央本線恵那駅と明智駅間の25.1㎞を結びます 第三セクター転換開業時の車両であるアケチ1形(1~5)は1999年に消滅し、 2017年現在、アケチ10形(10~14)を主力にレールバスの生き残りであるアケチ6形(6)の計6両が在籍します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

明知鉄道 アケチ1形

アケチ1形 (1-5)

Akechi_4__

1985年の開業時に用意されました。
富士重工業のLE-Carシリーズとなるレールバスです。
全長15.5mのセミクロスシート車。冷房はついていません。
急勾配に対応するため、台車を2軸駆動式としたのが特色。
アケチ10形の導入により、1997年から廃車がすすみ、
1999年形式消滅しました。

鉄道車両写真集 明知鉄道 アケチ1形

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

明知鉄道 アケチ10形

明知鉄道は1985年11月に国鉄明知線(昭和9年開業)を引き継いだ第三セクター方式の鉄道会社です。 中央本線恵那駅と明智駅間の25.1㎞を結びます 第三セクター転換開業時の車両であるアケチ1形(1-5)は1999年に消滅し、 2017年現在、アケチ10形(10-14)を主力にレールバスの生き残りであるアケチ6形(6)の計6両が在籍します。

Akechi_2006_11

アケチ10形 (10-14)は 1997-99年に追加された増備車。

アケチ1形が富士重工業製のレールバス(LE-Car)なのに対し、
アケチ10形は鉄道車両規格のLE-DCシリーズとなっています。
車体は15.5mの普通鋼製で、295psのディーゼルエンジン(PF6HT03)を1基搭載しています。こちらも急勾配に対応し台車を2軸駆動式にしています。
11,12,13がセミクロスシート、10,14がロングシートとなっています。
ロングシート車は、急行「大正ロマン号」の「食堂車」として使用されることもあります。
撮影2017年1月

鉄道車両写真集 明知鉄道 アケチ10形

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

JR東日本 485系ジョイフルトレイン「ニューなのはな」

「ニューなのはな」は、国鉄時代の1986年にデビューしたお座敷電車「なのはな」の代替として485系をジョイフルトレインに改造したものです。

Jre_n_nanohana_8

1998年にデビューしました。「華」同様、丸味を帯びた新製の鋼製車体ですが制御装置などの走行機器は485系の発生品が使用されたことから485系の形式番号が付与されています。なお各車番は「リゾートエクスプレスゆう」・「宴」・「華」の続番となっています。「ニューなのはな」の最大の特徴は、お座敷と座席とに仕様の変換が可能となっていることです。お座敷列車として使用する場合はクロスシートの背もたれを分割して倒すことで畳の面が現れます。そして中央の通路にテーブルをセットすることで掘り炬燵構造となるのです。パンタグラフの取り付け部分が低屋根化されており、中央東線への入線も可能となっていました。2016年8月に運用を終了。翌9月付で廃車されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

くま川鉄道 KT100形 200形

くま川鉄道は1989年10月にJR九州湯前線(人吉 - 湯前間(24.8km))を引き継いだ第三セクター方式の鉄道会社です。ここでは第三セクター転換開業時の車両であるKT-100形(101~104)、KT-200形(201~203) をUPしています。

Kt201__2

新潟鐵工所製のNDCシリーズでエンジンは250PS/1900rpmの新潟鐵工所製DMF13HSです。空気バネ台車で動台車は2軸駆動。 KT-100形はセミクロスシートで便所なし、 KT-200形はロングシートで便所付きとなっていますが、基本構造は同一です。

2017年現在、「KUMA」に改造されたKT-203「KUMA1」、KT-103「KUMA2」を除き廃車されました。 KT-500形(KT-501~505)とともに計7両が在籍します。

鉄道車両写真集くま川鉄道 KT100形 200形

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

伊勢鉄道 イセⅠ形 イセⅡ形 イセⅢ形

伊勢鉄道は1987年3月に国鉄伊勢線(南四日市-津26.0㎞:1973年開業)を引き継いだ第三セクター方式の鉄道会社です。継承したのは河原田駅と津駅間の22.3㎞。 かつて名古屋方面から南紀・伊勢志摩方面へ行き来するには亀山駅を経由しなければなりませんでした。このため、短絡線として建設されたのが伊勢線です。 よって、JR東海の特急「南紀」快速「みえ」が直通運転しており、ここからの収入がメインとなっています。

Ise4

第三セクター転換開業時の車両であるイセ1形(1-3)は2004年に消滅し、 2017年現在、イセⅢ形(101-104)計4両が在籍します。

Ise104

鉄道車両写真集
伊勢鉄道 イセⅠ形 イセⅡ形 イセⅢ形

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

JS3VXWの鉄道管理局のHP 新アドレス

JS3VXWの鉄道管理局の 新アドレスです。

TOPページ

http://www.geocities.jp/js3vxw/index.htm

珍車ギャラリー

http://www.geocities.jp/js3vxw/HP1/chinsya-htm/chincya-index1.htm

鉄道車両写真集

http://www.geocities.jp/js3vxw/photo_album_index_mobile.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HPがなくなった…。

2月1日 更新しようと自分のHPをひらいたら

サービス終了のお知らせ

J:COM NET加入者向け
WebSpaceサービス
サービス終了のお知らせ

J:COM NET加入者向けWebSpaceサービスは、2017年1月31日(火)をもちましてサービスを終了致しました。                
これまで長らくご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。

とのことです。

寝耳に水です。告知はあったのでしょうか。

無料サービスだから仕方がないことなのかもしれません。

阪神大震災以来のショックです。

でも どうにかしなきゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »