« 神戸新交通ポートライナー 8000形 | トップページ | 南海 11000系 特急「泉北ライナー」 »

2017年1月 7日 (土)

JR西日本 500系新幹線 W1編成 量産先行車

500_w01_16

500系はJR西日本が最高速度300km/h以上での営業運転を期して計画・設計、 1996~98年に、16連×9本の計144両が製造されました。 ただ高速性能を追求したがために、居住性の問題とともに、 先頭車の定員が大幅に減ってしまうということになってしまいました。 また哀しいかな、この高速性能も東海道新幹線内では発揮することができず、 とりわけJR東海にとっては定員の違いは大きな問題となってしまいました。 2007年にN700系が登場すると、これに置き換わる形で500系は8両編成に短編成化のうえで山陽新幹線区間限定の「こだま」に格下げされることになり2010年2月限りで「のぞみ」からは撤退しました。

鉄道車両写真集 JR西日本 500系新幹線 W1編成 量産先行車

珍車ギャラリーでも取り上げています。

珍車ギャラリー JR西日本 500系新幹線 W1編成

|

« 神戸新交通ポートライナー 8000形 | トップページ | 南海 11000系 特急「泉北ライナー」 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/69149478

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本 500系新幹線 W1編成 量産先行車:

« 神戸新交通ポートライナー 8000形 | トップページ | 南海 11000系 特急「泉北ライナー」 »