« 大井川鐵道 井川線cト100形 | トップページ | 江ノ島電鉄 1000形1100番台  »

2016年12月 3日 (土)

江ノ島電鉄 1000形1000番台

江ノ島電鉄1000形(正確にはMc1-Mc2 ともにデハ1000形) は
1979年、48年ぶりの新車として登場しました。
87年に登場した1502Fまで、8年間の間に6編成12両製造されています

Enoden09_1002

1979年に登場した1次形1000番台は吊り掛け駆動ですが、
ワンハンドル式マスコンを採用し、ブレーキは電気指令式となりました。
当初、非冷房車でした。
1001Fは1985年に、1002Fは1986年に冷房改造されています。

主制御器は東洋電機製造製のAC-M450-778A-M。
主電動機は東洋製のTDK5610-A、出力は50kW。歯車比5.27

鉄道車両写真集 江ノ島電鉄 1000形1000番台 1001

|

« 大井川鐵道 井川線cト100形 | トップページ | 江ノ島電鉄 1000形1100番台  »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/68687414

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ島電鉄 1000形1000番台:

« 大井川鐵道 井川線cト100形 | トップページ | 江ノ島電鉄 1000形1100番台  »