« ひたちなか海浜鉄道 キハ37100形  | トップページ | JR貨物 EF210形 基本番台 »

2016年10月 7日 (金)

JR貨物 EF210形

EF210形は1996年に試作機901号機が登場、 1998年から量産が始まった直流電気機関車です。

Ef2101

最高速度は110km/h(設計最高速度120km/h) 1時間定格出力は3,390W。
VVVFインバータ制御で、 0番台はGTO素子(1C2M)100番台はIGBT素子(1C1M)を採用しています。
全長18,2m、全幅2m887cm、高さ3m98cm、
(300番台のみ全長が18.6m)
運転整備重量は100.8t。

EF200形の後継機ではありますが、1,600t貨物の牽引を念頭に製造されたEF200のパワーを抑え、従来EF65、EF66形が牽引してきた1,300t貨物を運転することを目標に製造されたものです。

鉄道車両写真集 JR貨物 EF210形

|

« ひたちなか海浜鉄道 キハ37100形  | トップページ | JR貨物 EF210形 基本番台 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/67843110

この記事へのトラックバック一覧です: JR貨物 EF210形:

« ひたちなか海浜鉄道 キハ37100形  | トップページ | JR貨物 EF210形 基本番台 »