« Dr'Kの 2016年2月の鉄旅 まとめて惜別乗車の3泊4日 | トップページ | Dr'K 2016年3月の鉄旅 高槻停車のはるかと北海道新幹線に乗ってきました »

2016年3月31日 (木)

南海電気鉄道 モハ3001形

モハ3000形は1973年に登場したもと南海11001系(Mc車)。

Keifuku_3006

20m級2扉車で南海本線の特急にも使用されたクロスシート車です。
1973~74年に2連×4本(+1:部品取り)の9両が
譲渡・改造されました。

車体は2通りで01~06が非貫通形のいわゆる湘南形。
07・08は前面 貫通形です。

1M方式の抵抗制御車で、主電動機はTDK822A(75kW)。
台車はFS19 中空軸平行カルダン駆動です。

1990年にワンマン化、
こ の際、扉を運転台のすぐ後に移設しています。

2001年の事故による運転休止の際、休車となります。
そのまま2002年えちぜん鉄道へ引き継がれましたが、
結局使われることなく、2005年までに形式消滅しました。

ちなみに旧南海11001系のうち、
昇圧改造され1000系として残留した車両は
1987年に廃車されています。

鉄道車両写真集 南海電気鉄道 モハ3001形

|

« Dr'Kの 2016年2月の鉄旅 まとめて惜別乗車の3泊4日 | トップページ | Dr'K 2016年3月の鉄旅 高槻停車のはるかと北海道新幹線に乗ってきました »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/64483848

この記事へのトラックバック一覧です: 南海電気鉄道 モハ3001形:

« Dr'Kの 2016年2月の鉄旅 まとめて惜別乗車の3泊4日 | トップページ | Dr'K 2016年3月の鉄旅 高槻停車のはるかと北海道新幹線に乗ってきました »