« 富山地方鉄道 14710系 | トップページ | 富山地方鉄道 10020系 »

2016年2月23日 (火)

富山地方鉄道 10030系 もと京阪3000系

富山地方鉄道 10030系は 1991~96年にかけて
京阪3000系の車体に営団3000系の足回りを組み込んで
製造されました。

Toyama_ct_10033f

当初、台車は営団日比谷線3000系のFS-336を使用しましたが、
同じ3000系のFS-510に交換され、更に1996~99年にかけて
JR発生品のDT32に交換されるものも表れました。
これに伴い主 電動機もMB-3054からMT54となって
高出力化(75kW→120kW) されています。
(147**形は90まで使ってしまったからか。
高出力化に伴う形式の変更は行われていません)。

導入当初は特急用を中心に運用されていましたが、
ワンマン化されています。

2013年3月には京阪に唯一残っていた3000系(8030F)が廃車になり、組み込まれていたダブルデッカーが譲渡されました。
同年8月から ダブルデッカーエキスプレスとして運行しています。

鉄道車両写真集
富山地方鉄道 10030系 もと京阪3000系

|

« 富山地方鉄道 14710系 | トップページ | 富山地方鉄道 10020系 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/64105924

この記事へのトラックバック一覧です: 富山地方鉄道 10030系 もと京阪3000系:

« 富山地方鉄道 14710系 | トップページ | 富山地方鉄道 10020系 »