« 京都市電 2000形 | トップページ | Dr'Kの2015年7月の鉄旅 その2 仙石東北ラインに乗車 »

2015年8月 5日 (水)

京都市電 広軌1形 29号機

京都市では1895年より京都電気鉄道が路面電車の運転を開始していました。
これは狭軌の路線でしたが、1912年に開業した京都市営の電気軌道事業は標準軌を採用しました。1918年、京都市は京都電気鉄道を買収、以降、元京都 電気鉄道の車両を狭軌1形、京都市電生え抜きの車両を広軌1形としました。

Kyoto_c_29

広軌1形は1912年の開業時に40両、そして1921年までに171両増備さ れたグループです。スタイルは当初オープンデッキ型で、中央にダブルポールを設置していました。1938年に長崎電気軌道へ5両、大連市電へ10両が譲渡 され、1940年には廃車が始まりました。1952年に全廃。

梅小路公園には広軌1形 29号機が保存されています。

鉄道車両写真集京都市電(保存車を追加)

|

« 京都市電 2000形 | トップページ | Dr'Kの2015年7月の鉄旅 その2 仙石東北ラインに乗車 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/61004028

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市電 広軌1形 29号機:

« 京都市電 2000形 | トップページ | Dr'Kの2015年7月の鉄旅 その2 仙石東北ラインに乗車 »