« 広島電鉄 宮島線直通 3800形 グリーンライナー | トップページ | 広島電鉄 宮島線直通 3100形 »

2015年5月30日 (土)

広島電鉄 宮島線直通 3000形

広島電鉄3000形(3001~08/ABC)は、
1976年に譲渡された元西鉄の1101形・1201形・1301形です。
(1101形は1954年製、1201・1301形は1962~64年製)

Hiroshima_miyajima_3001

先に1301形が譲渡され、最初は
広島電鉄1300形(1305・1306/AB)として運用を開始しています。

1101形・1201形の到着後、1300形も含め
3車体連接の3000形へ改造されることになりました。

先に1201形が3連接車(広電初)に改造され、
宮島線直通運用に充当されました。

1101形は1300形とあわせて改造し全部で8編成が登場します。

1101形などに存在したカルダン駆動車は、
すべて吊り掛け駆動に統一。

あわせてモータの出力を62kW×4に、
ブレーキも電磁SME/電磁STEに統一しました。

1980~83年にかけて冷房化。
3000形は、宮島線直通運用の主力車両として運用されましたが、
高速域での加速が悪く、また電気ブレーキがなかったため、
新型の直通車両(3700形、3800形、3900形)の登場にあわせ
市内線へ移籍。一部は(1992年に3001)廃車されました。

鉄道車両写真集広島電鉄 宮島線直通 3000形

|

« 広島電鉄 宮島線直通 3800形 グリーンライナー | トップページ | 広島電鉄 宮島線直通 3100形 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/60185971

この記事へのトラックバック一覧です: 広島電鉄 宮島線直通 3000形:

« 広島電鉄 宮島線直通 3800形 グリーンライナー | トップページ | 広島電鉄 宮島線直通 3100形 »