« サイキョージ氏 冬の鉄旅2015 JR西日本完結編 | トップページ | 熊本市電(熊本市交通局) 1090形  »

2015年2月23日 (月)

Dr.Kの 阪急京都線 8332F(京都線・新ラッピング車両)に乗ってきました。

準急 河原町行 ( 梅田21:36 → 高槻市22:06 )

 阪急梅田駅付近での宴席の帰りの出来事である。珍しい車両が梅田駅3号線に登場。

京とれいんの検査入場に伴い登場したこのラッピング車。8332Fである。

この編成は基本6両+付属2両に分割できるため、土休日は基本6両、8313Fが京とれいんの代走に充当されているが、平日は、残念特急運用や地下鉄堺筋線や千里線のスジにも入る。

 8両のうち、梅田方から、83328313888384134両に京都の名所にちなんだラッピングが施されている。前から3両目の8883に乗車。物珍しさから写メを取る人もみられる。

 高槻市以遠に急ぐ人は、向かい側の2号線から出る9309Fで運行される通勤特急に乗るほうが早く着く(茨木市でこの準急を追い越す)ので、梅田時点ではサラッと席が埋まる程度。十三、南方、淡路では乗車のほうが多いため、徐々に増えていく。上新庄で意外と減る。その先の相川で、1300系で運行されている普通を追い越し、南茨木へ。モノレールとの乗換があるため、乗客がいれかわり微減。

 次の茨木市では待避線の1号線に入り、梅田で並んだ9309F通勤特急に追い越されるため、ほとんどカラッポになってしまう。通勤特急からこの列車に乗り換える人はわずかだ。

 高槻市手前で信号に引っ掛かりゆっくり走る。それならば、高槻市止、通勤特急、準急の3本の束、特に通勤特急と準急の発着ホームを振り分ければこの信号待ちは解消できるのではないかと思う。

局長のコメント

私も乗車しました。宴会帰りで、かつ同僚と一緒だったモノですから写真は撮りませんでした。うーむ残念。

|

« サイキョージ氏 冬の鉄旅2015 JR西日本完結編 | トップページ | 熊本市電(熊本市交通局) 1090形  »

鉄道旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dr.Kの 阪急京都線 8332F(京都線・新ラッピング車両)に乗ってきました。:

« サイキョージ氏 冬の鉄旅2015 JR西日本完結編 | トップページ | 熊本市電(熊本市交通局) 1090形  »