« 西日本鉄道 北九州線 600形冷房改造車 | トップページ | 西日本鉄道 北九州線 1000形 »

2015年1月21日 (水)

西日本鉄道(北九州市内線) 66形_200形_300形 

西鉄66形(66~ 85)は1929年に新潟鉄工、川崎車輌(現・川崎重工業)において新製されました。

Nnr_73

66形という形式は、35から65まで製造された35形の続き番号です。

車体は全鋼製車体で当時の路面電車としては珍しいものでした。
台車は川崎車輌製の76E-2、主電動機の出力は45kW。
これはその後の北九州線の標準スペックとなります。
しかし、車両重量があまりに重く、1950年に車体を軽量化することとなりました。
内装を木製化することで軽量化したグループと
別途半鋼製車体を新製し載せ替えたグループとがあります。

1964~67年にかけ車体新製車グループのうち9両が、福岡市内線に転属しました。
1975年の福岡市内線一部廃止により、うち8両が北九州線に再び転属しました。
1980年には車体更新がなされましたが、
1992年、北九州線路線大幅縮小の際に廃車。形式消滅しました。

200形と300形も併せてご紹介しています。

鉄道車両写真集
西日本鉄道 北九州線 66形 200形 300形

*T6 西日本鉄道(北九州市内線) 66形_200形_300形 

|

« 西日本鉄道 北九州線 600形冷房改造車 | トップページ | 西日本鉄道 北九州線 1000形 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/58659483

この記事へのトラックバック一覧です: 西日本鉄道(北九州市内線) 66形_200形_300形 :

« 西日本鉄道 北九州線 600形冷房改造車 | トップページ | 西日本鉄道 北九州線 1000形 »