« 長崎電気軌道 300形 | トップページ | 長崎電気軌道 3000形 超低床車 »

2014年12月23日 (火)

長崎電気軌道 5000形 超低床車

5000形は2011年に導入された低床連接車。

Nagasaki_c_2014_5002b

アルナ車両が提唱するリトルダンサー(Uaタイプ)で
両先頭車(A・B車)に台車を配し、中間車(C車)をフローティングさせた連接構造となっています。
車体長は16.3m。3000形よりも1.2m長く、
定員も10名増の73名となっています。

制御方式はVVVF(IGBT)で、東洋製85kWモータを車体装架カルダン方式でドライブします。

鉄道車両写真集長崎電気軌道 5000形 超低床車

|

« 長崎電気軌道 300形 | トップページ | 長崎電気軌道 3000形 超低床車 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/58278029

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎電気軌道 5000形 超低床車:

« 長崎電気軌道 300形 | トップページ | 長崎電気軌道 3000形 超低床車 »