« Dr.K の 2014年12月の鉄旅 その1  | トップページ | 札幌市電(札幌市交通局) A1200形 超低床車 »

2014年12月29日 (月)

長崎電気軌道 1800形

1800形(1801~03)は2000~02年にアルナ工機で製造されました。

Ngs1803

車体を新造し、足回りは廃車車両や予備部品から流用した車両です。
今回は西鉄北九州線600形の台車・主電動機などを流用しました。
ただ軽快電車である2000形に準じた車体をもつ1200形~1700形のスタイルとは違い、車体を拡大、中央のドアは両開き2枚折戸とするなどイメージが異なっています。

また1800形では制御装置(間接自動制御)を新造し、
長崎電気軌道 初の間接制御車となっている点も見逃せません

鉄道車両写真集
長崎電気軌道 1800形

|

« Dr.K の 2014年12月の鉄旅 その1  | トップページ | 札幌市電(札幌市交通局) A1200形 超低床車 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/58278176

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎電気軌道 1800形:

« Dr.K の 2014年12月の鉄旅 その1  | トップページ | 札幌市電(札幌市交通局) A1200形 超低床車 »