« JR東日本 SL銀河号 C58形+キハ141系700番台 | トップページ | サイキョージ氏の 秋の鉄旅2014九州完結編 その2 »

2014年11月 8日 (土)

サイキョージ氏の 秋の鉄旅2014九州完結編 その1


 10/30、31と休みが取れたので九州で未乗区間の香椎線、三角線、吉都線、博多南線を乗り潰す旅に出かけた。
今回もPeachで空路福岡に入ってから乗り潰し作戦を開始した。

10/30(木)  関西空港→福岡空港→博多→博多ふ頭→西戸崎→宇美→南福岡→
博多→新八代→宇土→三角

 関空まで青春18きっぷが使えるときであれば大阪駅からJRを利用するのだが今回は地下鉄御堂筋線と南海電車を利用した。
乗り換えの煩わしさはあるがこのルートの方が早くて安い。難波発8:30のラピートにうまく乗れたので今回は510円を払って少し贅沢をした。関空着9:09、快適至極。
 関空発10:25の福岡行きPeachMN153便に搭乗、運賃は\6,690でかなり安い。11:40に福岡空港に到着、地下鉄を利用して博多駅に12:00ごろ到着。

ここから西鉄バス99系統、博多ふ頭行きに乗る。ネットであらかじめバス停の位置を確認しておいたので博多駅前のバス停はすぐに見つかり15分、230円で博多ふ頭に到着。
博多ふ頭は国内航路の発着ターミナルである。第1ターミナルが福岡市営渡船用で第2ターミナルが壱岐、対馬、五島などの遠距離専用である。
第1ターミナル内のコンビニで弁当とビールを買い13:00発、西戸崎経由志賀島行きの市営渡船「きんいん号」に乗り込む。

Photo

船室は新しく、テーブルを囲む円形のソファーがしつらえてある。ここを独占使用し弁当を広げて食べる。15分で西戸崎到着、440円の優雅な船旅であった。

西戸崎の渡船発着場からJR香椎線の終着駅、西戸崎に停車中のキハ47が見える。徒歩3分で駅に到着。

2

宇美まできっぷを買い13:24発宇美行きの気動車に乗る。
香椎線は途中駅の香椎で鹿児島本線、長者原で篠栗線と連絡するが起終点の駅で他線との連絡のない、言い換えれば終着駅が2つもある奇妙な路線である。
香椎で10分ほど停車する。ここで乗客が入れ替わり宇美に向けて再出発する。宇美着14:31、香椎線完乗。宇美駅から少し歩くと中宇美のバスターミナルがある。
ここから14:43発西鉄バス11系統JR南福岡駅行きに乗車。西鉄雑餉隈駅を経由して30分、300円で南福岡駅に到着。

南福岡駅で今回の旅のメインとなるきっぷを購入。利用したのは「霧島のんびりきっぷ」。
フリー区間が新八代を含む肥薩線と日豊線霧島神宮~鹿児島中央間で発駅から新八代までの往復と1回だけ鹿児島中央~新八代間の新幹線指定席が利用できる。
フリー区間は特急の指定席が乗り放題である。このきっぷのフリー区間に三角線と吉都線は含まれないが新八代~三角間、吉松~霧島神宮間のきっぷを買い足せば今回の乗り潰しに有効活用できる。
発駅福岡市内、有効期間3日で15,430円であった。南福岡からこのきっぷで入場し普通福間行きに乗り博多着15:30。在来線から新幹線に乗り換える。

 博多発16:21さくら415号に乗り新八代へ向かう。車両はN700系6両編成、シートピッチは広く快適だ。50分で新八代到着、さすがに早い。
この駅はJR九州が新幹線の新八代~鹿児島中央間を先行開業させたとき「リレーつばめ」に対面乗換した駅である。
在来線への渡り線は今でも残されておりフリーゲージトレインの実験線として使われるようだ。
 在来線に乗り換え、815系17:23発銀水行きの普通電車に乗る。宇土着17:45、ここで三角線に乗り換える。連絡が悪く29分待ちで宇土発18:14のキハ31系気動車に乗る。
この列車は熊本始発の2両編成、終着の三角まで通勤・通学客で満員であった。18:53三角着、三角線完乗。

 今宵の宿は「ビジネスホテルみすみ」である。ホテルに着いてチェックインしようとしたがフロントに誰もいない。
カウンターに私の名前を書いた付箋を貼り付けたキーが置いてあった。勝手に持って行けということらしい。

4

勝手に部屋に入り荷物を置き部屋を確認したがテレビ・バス・トイレ付きでタオルや歯ブラシのアメニティーも用意されており宿泊するには十分だった。
夕食は近くの「与作」という居酒屋でとった。海が近いのに焼き鳥が売りの店らしくメニューには魚がなかった。明太子を挟んだささみの焼き物が美味だった。
ホテルに帰り日本シリーズの最終戦を見ているとフロントから電話があり宿代の支払いを求められた。1泊素泊まり税込み\2,500也。
おかみさんに「これでいいの?」と思わず言ってしまった。おかみさんは笑って「よくないけど」とおっしゃった。
明日の朝はキーを返して勝手に出てってくれといわれた。笑ってしまう三角での一泊であった。

|

« JR東日本 SL銀河号 C58形+キハ141系700番台 | トップページ | サイキョージ氏の 秋の鉄旅2014九州完結編 その2 »

鉄道旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイキョージ氏の 秋の鉄旅2014九州完結編 その1:

« JR東日本 SL銀河号 C58形+キハ141系700番台 | トップページ | サイキョージ氏の 秋の鉄旅2014九州完結編 その2 »