« 広島電鉄 市内線用 1900形(もと京都市電1900形) | トップページ | 富士急行1000系 リバイバルカラー車 »

2014年9月28日 (日)

富士急行 1000系(もと京王5000系)

富士急1000系は 京王5000系が種車となります。
(より正確に言うと3連バージョンの5100系、ただし1208Fのみ5000系の制御車を電装)

Fuji_q_1307

京王重機整備で2連(cMMc)化、寒冷地用対策を施した上、
3100形と5700形の置き換え用として、1993年にデビューしました。

1000+1100と1200+1300の違いは座席形状です。
1000+1100は京王時代のロングシートそのままですが
1200+1300が転換式セミクロスシートに改造されています。

京王と富士急では軌間が異なるため、台車は
営団地下鉄日比谷線3000系のFS510を転用しました。

電動機も3000系のMB3054-Aを使用したわけですが、
出力が75kWと低いため、
2M1Tが基本の5100系をオールMユニットにしました。
なお、制御器やブレーキなどの機器は変わっていません。

冷房装置も、種車が搭載していたものをそのまま使用しているため、分散式と集中式の2種類が存在します。
また、一部、パンタグラフが菱形からシングルアームに換装されたものもあります。

1000系には、1000+1100の2連2本と1200+1300の2連7本、
計9本18両が在籍しましたが、今は数を減らしつつあります。

鉄道車両写真集富士急行 1000系(もと京王5000系)

|

« 広島電鉄 市内線用 1900形(もと京都市電1900形) | トップページ | 富士急行1000系 リバイバルカラー車 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/57513342

この記事へのトラックバック一覧です: 富士急行 1000系(もと京王5000系):

« 広島電鉄 市内線用 1900形(もと京都市電1900形) | トップページ | 富士急行1000系 リバイバルカラー車 »