« 珍車ギャラリー 横浜高速鉄道 Y000系 | トップページ | 東京急行電鉄 事業用車両 デヤ3001 デヤ7290など »

2014年6月21日 (土)

東京急行電鉄 旧7000系をUP

東急 旧7000系は、1962年、
米バッド社と東急車輛製造との技術提携より製造された
日本初のオールステンレス車両です。

To_q_7011_8_7012

134両が東急車輛で製造されました。
1964年からは日比谷線への乗り入れを開始しました。

7000系がオールMの高性能車となったのは
地下鉄線内でのハードな使用を考えてのことです。

基本は4連。先頭車(Mc)であるデハ7000型と
中間車(M)であるデハ7100型でそれぞれユニット(奇数+偶数)
を組みます。
中間車ユニットを 追加して組み込むことで
6連~8連と長大編成化してゆくわけです。

1000系の登場により1991年には
日比谷線直通運用から撤退しました。
最後に残った「こどもの国線用」の2連も、
同線の通勤線化に伴って1999年に姿を消しました。

このように7000系としては東急線から姿を消しましたが
1987年から1991年にかけて56両が
VVVFインバータ制御化・冷房化・台車交換などを行って
7700系へと生まれ変わったほか、
76両が1988年から1991年にかけて
5つの地方鉄道に譲渡されています。

鉄道車両写真集
東京急行電鉄 旧7000系 のトップページへJUMP

|

« 珍車ギャラリー 横浜高速鉄道 Y000系 | トップページ | 東京急行電鉄 事業用車両 デヤ3001 デヤ7290など »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/56567249

この記事へのトラックバック一覧です: 東京急行電鉄 旧7000系をUP:

« 珍車ギャラリー 横浜高速鉄道 Y000系 | トップページ | 東京急行電鉄 事業用車両 デヤ3001 デヤ7290など »