« 局長 3月の鉄旅 その7 広島編 | トップページ | Drk 2014年春の鉄旅 その2-小田急VSE~のぞみ~Sはくと »

2014年4月 2日 (水)

Dr'K 2014年春の鉄旅 その1- E7系に乗ってきました。-

Dr'Kの E7系に乗ってきました。

来年に控えた北陸新幹線開業に先立ち、今春デビューしたE7系。

グランクラスは、とりあえずサービスを開始してから乗ろうということで、

今日は普通席で乗ることにしました。

 

サンライズ瀬戸・出雲( 大阪0:34 → 東京7:08 )

旅のスタートは毎度おなじみのサンライズ瀬戸・出雲。

今日は大阪で6分遅れ。でもこのくらいなら、路線全体の遅れでない限り米原までにほぼ取り戻してしまう。

 いつも高槻を過ぎてからくる検札が、今日はやたら早い。

吹田付近でやってきた。

さすがにシングルDXとかでないと、こんなに早く来るとは思っていないので、間が悪く着替えてる真っ最中に車掌が検札にやってきた。

「着替えているからもう少しだけ待って」と声をかけたが、

全く聞く耳を持たずドアを開けるまでノックの嵐。

深夜帯で車内が静かなこともあるが、あまりにもノックの音と車掌の声が響いてうるさく、他の客に迷惑なので、やむなくこちらの声が車掌氏に届くように少しだけドアを開けたら、状況を確認せずに顔を入れられるところまでドアを開け、こちらの言うことは全くお構いなしにとにかくきっぷを拝見しますと。

…俺、まだ半脱ぎ状態なんだけど。

なぜ客の反応を見ようとしないのか。不愉快極まりない。

次の営業停車駅は静岡で、他の列車のように米原で降りず、東京まであなた方が乗務するのに、なぜそのスウェットの下を履く数秒が待てないかね。今日のサンライズ瀬戸の車掌はいい年したオヤジなのに、大ハズレだ。

同性でも正直、このノックの嵐には辟易するのに、異性の客なら、これほど気まずいことはないぞ。今日はソロなので、京都駅を過ぎたあたりで就寝し、横浜手前のおはよう放送までは全く記憶がない(これがノビノビだと、静岡で起きる習慣ができてしまっている)。

 

あさま509号( 東京8:36 → 高崎9:29 )

車両はE7系第1編成。

早朝に高崎~軽井沢間で発生した車両故障の影響で、はやぶさ・こまち7号を先に通し、8分遅れで東京を出発。指定された席は8号車のC席。スポーツ少年団らしき団体が乗車しているため、とてもにぎやか。春休みの週末とあって家族連れや団体の行楽客でグランクラスまで満席。大宮できれいに座席が埋まる。

インテリアは非常に落ち着いた雰囲気で、乗り心地も上々。加減速もスムーズだ。

徐々に遅れを取り戻していたが、高崎を目前にして7号車のSOSボタンが扱われたため非常ブレーキが作動し緊急停車。非常ブレーキがどのような感じで作動するかもはからずも体験できてしまった…。

 高崎駅にさしかかる手前だったため、席を立ち始めていた方もおられたが、列車はとまってしまった。車内放送で説明があり、ほどなく無事が確認され、運転再開。

高崎には、約8分遅れで到着。今日の現場に行く前にSLみなかみ号をパチリ。

 

|

« 局長 3月の鉄旅 その7 広島編 | トップページ | Drk 2014年春の鉄旅 その2-小田急VSE~のぞみ~Sはくと »

鉄道旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dr'K 2014年春の鉄旅 その1- E7系に乗ってきました。-:

« 局長 3月の鉄旅 その7 広島編 | トップページ | Drk 2014年春の鉄旅 その2-小田急VSE~のぞみ~Sはくと »