« JR東日本 E233系6000番台 横浜線用をUP | トップページ | 局長、3月の鉄旅 その3 大牟田編 »

2014年3月29日 (土)

局長、3月の鉄旅 その2 有明フェリー編

浦上駅では、列車の遅れが発生していました。
長崎は晴天でしたが、佐賀県内では、
朝から霞みがかかっていて視界が悪くなっていました。
そのせいで、 諫早へは、5分ほどの遅れで到着しました。

今回、島原鉄道は多比良町まで乗車します。
ここから有明フェリーに乗り継ぐためです。
次の急行でも間に合いますが、
JRの遅れに影響を受けてしまうと困るので、
一本前の普通列車で行くことにしました。
多比良町から港まではすぐです。

辿りついて見ると
電光掲示板の表示が切り替わって、次の出港時間が表示されました。
何?この時間⁇
と思っていると目の前のフェリーがしずしずと出港してゆくではありませんか?

Nk52_20140328_237

有明フェリーにはAダイヤ、Bダイヤの二つがあり、
Aが繁忙期ダイヤとなります。
春休みでもあり、私はAダイヤと思い込んでいたのです。

予定より遅れて、長洲に到着。

iPhoneから送信

|

« JR東日本 E233系6000番台 横浜線用をUP | トップページ | 局長、3月の鉄旅 その3 大牟田編 »

鉄道旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 局長、3月の鉄旅 その2 有明フェリー編:

« JR東日本 E233系6000番台 横浜線用をUP | トップページ | 局長、3月の鉄旅 その3 大牟田編 »