« JR東海 キハ75系 急行かすが 快速みえ | トップページ | JR九州 787系 つばめ »

2013年10月28日 (月)

JR四国 7000系をUP

JR四国7000系は1990年の予讃線伊予北条~伊予市間の
電化開業にあわせて開発された単行・ワンマン対応の電車です。

Jrs_7013

両運転台のMc:7000形と片運転台のTc:7100形とがあり、
これらを組み合わせることでフレキシブルな運用が組まれています。

車体は軽量ステンレス、ドアは片側3箇所で、
中央は両開きですが、両端は片開きとなっています。
これはワンマン運転を意識してのことです。
(なおワンマン運転時、無人駅では中央扉は締切扱い)

室内は、中央扉を境に
ボックスシートとロングシートの千鳥配置となっています。
これらは先に登場した1000形気動車の構造と同じです。
ただ1000形の一部にはトイレが追加設置されましたが、
7000系には今もトイレがありません。

足回りはJR四国で初めてとなる
VVVFインバータ制御(1C4M)を採用しました。

鉄道車両写真集
JR四国 7000系 のトップページへJUMP

|

« JR東海 キハ75系 急行かすが 快速みえ | トップページ | JR九州 787系 つばめ »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。モモパパです。
JR四国7000形。
僕、初めて見たような・・・。
昔は車両の撮り鉄だった僕。
なかでも電気機関車が好きでした。
EF58とかEF65 500番台とか。

投稿: モモのパパ | 2013年10月30日 (水) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/53752459

この記事へのトラックバック一覧です: JR四国 7000系をUP:

« JR東海 キハ75系 急行かすが 快速みえ | トップページ | JR九州 787系 つばめ »