« JR西日本 キハ120形 をUP | トップページ | 珍車ギャラリー 近畿日本鉄道 西信貴鋼索線 コニ7形 »

2013年8月24日 (土)

JR四国 N2000系 特急「うずしお」用

2000系気動車は2つのグループに分けることができます。
高徳線高速化にあわせて製造された
後期形は,,N2000系と呼ばれます。

2459

最高速度130km/h運転を可能にしたのが最大のポイントで、
1995年に量産先行車2両(2000形先頭車:2424・2458)が、
続いて1997年に2500形(中間車)が量産車として落成しました。

エンジンはコマツ製SA6D125H-1A(350ps)です。
1998年には量産車の先頭車が登場し、
1998年3月の 高徳線高速化工事完成に備えました。
全車(16両)とも富士重工業で製造されています。

なお、2400形の01~23は欠番です。
下二桁は旧型(2101~22)の番号を引き継いでいるのです。
2450形(→2150形)、2500形(→2200形)も同様です。

2000形(半室G車)の後継車はありません。

鉄道車両写真集
JR四国 N2000系 特急「うずしお」用
のトップページへJUMP

|

« JR西日本 キハ120形 をUP | トップページ | 珍車ギャラリー 近畿日本鉄道 西信貴鋼索線 コニ7形 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/53016654

この記事へのトラックバック一覧です: JR四国 N2000系 特急「うずしお」用:

« JR西日本 キハ120形 をUP | トップページ | 珍車ギャラリー 近畿日本鉄道 西信貴鋼索線 コニ7形 »