« 近畿日本鉄道 旧400系 409F | トップページ | DrK 2013年 8月の鉄旅 その1 »

2013年8月11日 (日)

JR東日本 キヤE193系 East i-D をUP

キヤE193系は、キヤ191系の後継車として、2002年に製造されました。

Jre_east_i_d3

←①                       ③→
キヤE193-1 (Mzc)- キヤE192-1 (Mz)-キクヤE193-1 (Tzc)
の3両固定編成です。 それぞれ
①信号・通信関係の検測。
②電力関係の検測。
③軌道関係の検測。
を担当します。

直接噴射式横型エンジンDMF14HZB
(カミンズ製450PS/2,100rpm)
を、Mzc・Mzにそれぞれ2台搭載する気動車ではありますが、
キヤE192には、架線測定用のパンタPS96Aを2基備えます。

秋田車両センターに配置されていますが、
JR東日本管内のみならず、JR北海道のほか、
山形鉄道などの他社線にも貸し出され、検測をします。

鉄道車両写真集
JR東日本 キヤE193系 East i-D へJUMP

|

« 近畿日本鉄道 旧400系 409F | トップページ | DrK 2013年 8月の鉄旅 その1 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/52835188

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本 キヤE193系 East i-D をUP:

« 近畿日本鉄道 旧400系 409F | トップページ | DrK 2013年 8月の鉄旅 その1 »