« サイキョージ氏 夏の鉄旅-2013年 筑豊編 その2- | トップページ | JR四国 N2000系 特急「うずしお」用 »

2013年8月23日 (金)

JR西日本 キハ120形 をUP

JR西日本 キハ120形は、
新潟鐵工所の「NDCシリーズ」がベースとなる
ローカル線用の気動車です。

Jrw_dc120_316

0番台(1~22) 200番台(201~208) 300番 台(301~359) 
の3タイプが在籍しますが、
最初(1992年)に登場したのはスチール製の200番台で、
セミクロスシート車です。木次線と越美北 線に配置されました。

2次車以降はステンレス車体で、
ロングシート車の0番台とセミクロスシート車の300番台の
2タイプが存在します。

エンジンはコマツ製SA6D125-H1形。
1次車の200番台のみ250PSで、
0番台・300番台は330PSとなっています。

当初はトイレがありま せんでしたが、
2004年から2007年にかけて全車に設置されました。

なお配置表のデータは
JR気動車客車編成表2011を参照しました。

鉄道車両写真集
JR西日本 キハ120形 のトップページへJUMP

|

« サイキョージ氏 夏の鉄旅-2013年 筑豊編 その2- | トップページ | JR四国 N2000系 特急「うずしお」用 »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/53007106

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本 キハ120形 をUP:

« サイキョージ氏 夏の鉄旅-2013年 筑豊編 その2- | トップページ | JR四国 N2000系 特急「うずしお」用 »