« Dr.Kの2013年 8月の鉄旅 その4 | トップページ | サイキョージ氏 夏の鉄旅-2013年 筑豊編 その1- »

2013年8月19日 (月)

Dr'Kの特急ミシュラン File 25 名鉄 2000系 “μSky Express”

特急ミシュラン - Michelin Express – 
File 25 Meitetsu Series 2000 “μSky Express”

Mt2101

名鉄2000系 ミュースカイ 総合評価 ☆☆☆

2005年に開港した中部国際空港(セントレア)アクセス目的に開発された車両。

「名鉄」といえば「パノラマカー」だが、名古屋からのアクセス時間などを考慮すると、運用効率なども考慮したいところ。
3両固定で登場したが、予想以上の利用状況で満席になる列車が続出したことから、開港1か月後の3月にダイヤ改正したり、2本連結の6両に輸送力を増強したり、運用に比較的余裕のあった1600系を活用したりしていたが、それでも輸送力が追い付かないことから、4両編成化され、本数も12本に増えた。

 京成スカイライナーと同じく、特急の上位種別として「ミュースカイ」が存在する。

アメニティ:☆☆☆
シートピッチはほかの特急車と同じ1,000mmのリクライニングシート。
4両すべてが特別車で構成されている点が他の特急車と違うところ。
乗車距離が短いため、リクライニングの最大角度が浅いところが難点だが、名鉄を代表する特急として恥ずかしくない設備だ。

経済性:☆☆☆☆
 4両編成12本中11本運用で専用運用を組むほか、
本線筋と同様に1600系・2200系との一般車つき特急が補完する形で運用されている。
一般車つき特急はパノラマスーパーも含めて稼働率もよい。

利便性:☆☆☆☆
 現在は30分サイクルが確立されているため、
神宮前での接続も含めてわかりやすいダイヤにはなっているが、
新名古屋駅の狭さだけはどうにかならないものか。

ときめき度:☆☆☆
乗車時間が短いため、設備的には問題なくデザインも洗練されてはいるものの、若干味気ない点が惜しい。

鉄道車両写真集
名古屋鉄道 特急 2000系 μミュースカイ 2200系 
のトップページへJUMP

Dr'K の特急ミシュラン INDEX

|

« Dr.Kの2013年 8月の鉄旅 その4 | トップページ | サイキョージ氏 夏の鉄旅-2013年 筑豊編 その1- »

Dr'Kの特急ミシュラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dr'Kの特急ミシュラン File 25 名鉄 2000系 “μSky Express”:

« Dr.Kの2013年 8月の鉄旅 その4 | トップページ | サイキョージ氏 夏の鉄旅-2013年 筑豊編 その1- »