« Dr'Kの 2013年 8月の鉄旅 その2 | トップページ | 近畿日本鉄道 12410系 サニーカー »

2013年8月14日 (水)

近畿日本鉄道 12400系 サニーカー

近鉄12400系は、1977年に登場しました。
12000系を基本とする汎用特急車のグループで、
10100系の廃車代替という位置づけになります。

Kn_12503

当初から4連として製作されたことも特色です。
(4連×3=12両)
編成全体の定員は264名。以降この数が継承されてゆきます。
12200系の④連と12400系④連とは足回りに大きな変化はなく
モータは三菱製(MB-3127-A、180kW×4)が採用されました。

12200系との違いは、すべての出入り口をデッキ付とし、
塗り分けなど変更したことです。
特に車内デザインは大きく変わりました。
明るい陽の光のイメージであるサニートーンを取り入れ
以後このグループは「サニーカー」と呼ばれます。

また12400系は昭和天皇のお召列車として
4度にわたり運転されました。
(1979年12月・1980年5月・1981年5月 1984年10月)
その際、サ12551形を改装して御座所を設置しています。

1988年から120km/h運転対応工事が施工されました。
1997~98年にかけて車体更新工事が施工されています。

鉄道車両写真集
近鉄 12400系 12410系 12600系 サニーカー
のトップページへJUMP

|

« Dr'Kの 2013年 8月の鉄旅 その2 | トップページ | 近畿日本鉄道 12410系 サニーカー »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/52876954

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿日本鉄道 12400系 サニーカー:

« Dr'Kの 2013年 8月の鉄旅 その2 | トップページ | 近畿日本鉄道 12410系 サニーカー »