« JR東日本 E26系 寝台特急「カシオペア」をUP | トップページ | 名古屋鉄道 3700系 HL車 をUP »

2013年7月18日 (木)

JR東日本 E331系連接車 京葉線用をUP

E331系は、ACトレイン(E993系)をベースに開発されました。
2006年3月に東急車輌①-⑦と川崎重工業⑧-⑭で製造され、
2007年3月京葉線で営業運転を始めました。

_jre_e331_ak1_14

JRでは、他に例のない連接台車(DT-73/TR-258)を持つ
13m級の短い車体とモーターを車軸直接駆動式 (DDM)
にしたことが大きな特徴です。
(①-⑦+⑧-⑭号車は、16m級車体、先台車はTR-257) 

パンタグラフはそれぞれのユニットに一つずつ
③.⑩サハE331-500番台に装備されています。
なお制御装置はIGBT素子によるVVVFインバータ制御です。

2007年から2010年までの3年間にわたり、
営業運転を兼ねながらの試験走行を行なってきましたが、
2013年7月現在、車庫に留置されたままのようです。

今後の計画については、公表されていません。

鉄道車両写真集
JR東日本 E331系連接車 京葉線用
のトップページへJUMP

|

« JR東日本 E26系 寝台特急「カシオペア」をUP | トップページ | 名古屋鉄道 3700系 HL車 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/52508663

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本 E331系連接車 京葉線用をUP:

« JR東日本 E26系 寝台特急「カシオペア」をUP | トップページ | 名古屋鉄道 3700系 HL車 をUP »