« JR東日本 E331系連接車 京葉線用をUP | トップページ | 名古屋鉄道 3790系 HL車 をUP »

2013年7月21日 (日)

名古屋鉄道 3700系 HL車 をUP

3700系は、旧型車両の走行機器を流用した更新車です。
1957年から、全て日車で 製造されました。

Mt_3700_hl_21m

3700系は搭載する制御装置が間接非自動であることにちなみ、
「HL車」と呼ばれます。

新たに軽量車体(全金属製2扉標準車体)を導入しましたが、
性能面では旧式のままです。
通常の編成(MT比1:1)では、
最高速度は平坦線で85km/h程度しかだせません。

最初の2編成(モ3701-モ3702・モ3703-モ3704)はオールM編成で、
低出力をカバーしようとしたのですが、
これもMT編成に改められました。

なお登場時はロングシートでしたが
1960年代後半に転換クロスシート化しています。

また種車から流用した台車は、多種多様でしたが、
1978年以降D-16やD-18に振り替えられ標準化が図られました。

鉄道車両写真集
            名古屋鉄道 3700系 HL車
のトップページへJUMP

|

« JR東日本 E331系連接車 京葉線用をUP | トップページ | 名古屋鉄道 3790系 HL車 をUP »

鉄道車輌写真集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391530/52549890

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋鉄道 3700系 HL車 をUP:

« JR東日本 E331系連接車 京葉線用をUP | トップページ | 名古屋鉄道 3790系 HL車 をUP »